東山動植物園(愛知県)

梅雨の東山動植物園

1月2日ぶりに、名古屋にある東山動植物園に行ってきました。コロナの感染者が増加しているし、天気予報はお昼から雨ということでとても悩んだんですが・・・。もしかしたら今回行かなかったら本当にずっと行けないことも考えて、できるだけの安全を確保するためにほとんど乗客のいない新幹線で向かいました。

9時過ぎには東山に到着。天気は曇り。風もあって暑くないのでとても過ごしやすい気温でした。

すぐにゾウたちのところへ行きました。するといつもオスのコサラが1頭でいる場所に3頭が同居しています。これまでペアリングには遭遇したことがなかったのでこれは興味深いとずっと見ていました。

さくらも勉強のために?近くで見ていました。しかし・・・飼育員さん、そんなに近くで見つめちゃ、コサラも緊張するのでは・・・と思うくらい至近距離で。他にも5・6人の職員の方が見守っていました。

少し離れて戻ってきたら、広い運動場の方に3頭は移動していて、しかもプールで水浴びをしていました。3頭いっぺんに入るからギッチギチ。

埋もれるコサラが楽しそうです。

3頭のサイズの違いはこんな感じ。さくらが本当に大きくなりました。そして、コサラの皮膚の色がやたら抜けているのがとても気になりました。ゾウは加齢と共に皮膚の色素が抜けて行くことがあるのですが、コサラはまだ16歳。しかも体の内側や下側の色が多く抜けています。遺伝的なものか後天的なものかわかりませんが・・・。

3頭のお尻。いつも王子動物園でマックとズゼを見ているので小さめだなと思いました。

柵の向こう側にいる飼育員さんにご挨拶してオヤツをもらうさくら。

さくらは本当にすくすく成長しました。大きくなったとは言え、まだ7歳。コロコロした感じが可愛いです。

いつも穏やかで品のあるアヌラ、18歳。

お鼻を上げて何かに反応していたアヌラ。

さくらは整った顔をしていますね。個人的に顔はアヌラに似て、顔の形はコサラに似たのではと思っています。

7月の名古屋。百日紅(サルスベリ)の花がとても綺麗に咲いていました。

砂浴びをするさくら。本当に可愛いなぁ。

この日、外に出ていなかったワルダーさん。象舎の中にずっといました。

元気そうではあったので良かったですが、晴れた日には少しだけ日向ぼっこができると良いな。

そして、今日はいつも東山で会う友だちとも園内で会えて。手を振ってくれてたのに一瞬わからず(汗)少しだけど会えて嬉しかった。飼育員の友人にもキリンのところで会えました。

東山のアミメキリンは今3頭います。

ニッコリ顔で見つめてくれたアメリちゃん。可愛いー!

キリンって貴婦人って感じ。美しい。

最後に友人をパチリ。もう10年来の付き合いになるかな。出会った当時はゾウ担当で色んなことを教えてくれました。私がゾウにハマったのはこの人のせいです(笑)

そう言えば、午前中に来たとき、やたらとキリンたちが一方方向を見ているのでその方向を見てみたら、鳥たちのところにいるのが見えて。テレビの取材を受けていたそう。何の番組か聞くの忘れたけど、メーテレかな?たまに全国ネットでも出ているのを見るので、今後も色んな分野でのご活躍を期待しています!

投稿者について

愛象写真家です。国内外のアジアゾウを撮り続けて10年。2014年、初のタイのチェンマイ訪問。2018年にはタイのスリンで象祭りを撮影しました。ゾウだけの写真展も不定期で行っています。兵庫県神戸市出身、神戸在住。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。